【英表】WouldとCouldの使い分け出来ていますか?

勉強まとめ




今回英表の復習をしている時にふとWouldとCouldのはっきりとした違いが自分の中で分かっていないんじゃと思い勉強し直しました。

両方とも【丁寧な表現】なのですがこの2つの違いがはっきりと説明できる人はそう多くない気がします。

なので“Would you 〜?” と “Could you 〜?” についての違いをはっきりさせていきます。

違いは明確!

“Could you 〜?” と “Would you 〜?” それぞれの意味を知ることで明確な違いが見えてきます。

丁寧さを表現したい場合、英語では直接的な表現を避けることが多々あります。話の内容が「現在」のことであっても、“could(can の過去形)” や “would(willの過去形)” といった【見せかけの過去形】を使い、遠回しな表現にすることで丁寧さを表現します。

“could you” と “would you” の2つは、元となる “can” と “will” の違いから、実はそもそも意味合いが違うのです。

“Could you 〜?” は「能力・物理的に実行可能か」

Could you tell me how to get to the station?
「駅への行き方を教えていただけますか?」

例えば知らない人に英語で道を尋ねるとき、あまり迷わず “Could you 〜?” を選ぶ方が多いのではないでしょうか? (もちろん “Can you 〜?” でもOKです)

“can” の意味は皆さんご存じの通り「〜することができる」です。
“ability” つまり「能力」を表すことから、“Could(Can) you 〜?” は【能力的または物理的に実行可能かどうか】にポイントを置いた依頼になります。

“Would you 〜?” は「快くそうしてくれる意思があるか」

“Would you 〜?” も “Could you 〜?” と同じように【見せかけの過去形】であり、“would” の元の形は “will” です。

“will” は「〜するつもりである」という意思を表す単語なので、“Would(Will) you 〜?” は相手に【快くそうしてくれる意思があるか】と尋ねる質問になります。

そのため、“Would(Will) you 〜?” は相手が能力的・物理的にそれができると分かっているときに、「〜してくれますか?」と意思を確認していることが多いのです。

さいごに

どっちを使えばいいのか迷ったら “would” を使った丁寧な依頼表現がベスト!

これが一番の解決策です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました